スポンサードリンク

確定申告の医療費の控除の書き方 日頃から

確定申告の医療費の控除だが、まずは、書き方がどうこう・・という前に、必要書類を確認し、そろえておくことだ。書類がないと申請を書くことだってできない。確定申告の医療費の控除の時期が来てから準備しても間に合うものもあるが、確定申告の医療費の控除を受けるための医療費や交通費の整理は、1年分、その時になって慌ても、大変な作業になりがちだ。確定申告の医療費の控除のことを知ったら、今後は、確定申告の医療費の控除を目指して、領収書や交通費は、メモしておくよう注意したい。まあ・・これからすぐに確定申告の医療費の控除をする・・何も準備してないよ・・というなら、記憶なりなんなりで、整理して揃えて書いていくしかないのだが。
スポンサードリンク

確定申告の医療費の控除の書き方 源泉

最初の確定申告の医療費の控除は、けっこう苦労する。準備が不足しているかなんだが。で次からは、気をつけて記録と領収書なんか、保管しているんだけどな・・・。これはきっと誰もが、通る道であろう。いや・・俺だけかなwまず、確定申告の医療費の控除をするなら、給与所得者は、源泉徴収書があるだろうから準備しておこう。この源泉徴収書だが、提出すると戻ってこないので注意が必要だ。代わりに確定申告の控えが所得を証明する書類として手元に残ることになるが、心配ならば確定申告の医療費の控除の際には、源泉徴収のコピーを残しておいてもいいだろう。まあ、俺は使ったことない。確定申告の控えは、いろいろなローンとかの機会があって、何度も使うことになったけど。

確定申告の医療費の控除の書き方 領収書など

確定申告の医療費の控除は、医療費を控除するものだがら、医療費がいくらかかったのか、どういう病気なのか、それを証明できる、1年分の医療費の領収書や診断書がいるのは、当然・・と理解してもらえるだろう。確定申告の医療費の控除で、領収書が必要なのは、納得しやすいだろうが、診断書がいる場合・・?実は、確定申告の医療費の控除は、何もかも全てが、確定申告の医療費の控除の対象になるわけではない。確定申告の医療費の控除の書き方通り書いたとしても、レーシック手術やコンタクトレンズ、介護保険、出産一時金などで、適用されない治療、手術、処置もあるのだ。そういう時には診断書などを使って、「いやいや、適用できるはずですよ」ということを、主張しなければならないことがある。個別の例はなかなか難しい。確定申告の医療費の控除がグレーなものは、確定申告の医療費の控除の準備の前に税務署に一度相談してから、準備し、書類を書いたほうがいいだろう。

確定申告の医療費の控除の書き方 適用期間

確定申告の医療費の控除が適用される期間のは、確定申告をする対象年、つまり前の年の、1月から12月の支払いだ。これは確定申告の医療費の控除の原則だが、確定申告の医療費の控除の原則には例外もある。
ある年、確定申告の医療費の控除をしなかったのだが、後から、その時の数年前の病院の領収書が出てきた!
これは、確定申告の医療費の控除は、前の年だけじゃなくて、古い分もできることになっている。確定申告の医療費の控除というか、確定申告の修正申告をすることができるのだ。修正申告書を書けばいいのだ。
もしその時、その年、確定申告の医療費の控除も、確定申告そのものもしていない(給与所得のみ、源泉徴収のみだった)なら、源泉徴収書なども、必要になる。
まず、そんな前の、高額な医療費の領収書が出てきたら、一度税務署に相談してほしい。確定申告の医療費の控除が適用できる可能性は十分ある。修正申告の書き方は、確定申告の医療費の控除の書き方の話題の範囲をちょっと逸脱してるしね。

まあ、確定申告の医療費の控除は、前の年の1月から12月の支払いが原則なので、忘れずにやっておきましょう。後から、さかのぼっての確定申告の医療費の控除は、面倒ごとが増えて、書くものも、増えそうだしねえ。

確定申告の医療費の控除の書き方 適用対象金額

確定申告の医療費の控除は、医療費が100円でも、1000円でも、できるわけではない。確定申告の医療費の控除は、年間の医療費の合計が、10万円を越すと、確定申告の医療費の控除の適用対象になる。
勿論、一回あたりの医療費が、100円でもかまわない。それが、一年で、何回あっても、医療費の合計が、10万円になれば、確定申告の医療費の控除の対象になる。

確定申告の医療費の控除の対象になる支払いは、病院などの支払いは当然含まれるが、それ以外にも、確定申告の控除に、含めて書いていいものがある。確定申告の医療費の控除では、医療機関、病院などへの交通費も含めて、書いてもいいのだが、タクシー代は確定申告の医療費の控除の対象にはならないから、書いてはいけないので注意が必要だ。

これらを合計して、年間10万円になれば、確定申告の医療費の控除の申請を書くことができる。

確定申告の医療費の控除の書き方 その他の注意

確定申告の医療費の控除の書き方の、その他、細かいことを書いておこうとおもう。


確定申告の医療費の控除は、前の年の、1月-12月の分は、3/15までが、確定申告の医療費の控除の提出期限になっている。
ただ、まあ、だいたいその時期は、税務署も、めちゃくちゃ混んでいるんだよな。

1月の後半から2月にやると、すいていて確定申告の医療費の控除が快適にできる。書き方でわからないことも、けっこうちゃんと教えてくれるし、不備があっても、その場で教わり、追加の書類が必要になっても、日程に余裕があれば慌てずに済むだろう。支払いのための確定申告だと、気がすすまないが。確定申告の医療費の控除は控除されて還付されるので、早く行ってもいいんじゃない?

まあ、確定申告の医療費の控除の書き方と提出だが、用紙は、ネット上でもある。とりあえず見て、わからないことは、税務署に聞けばいい。早い時期なら、ちゃんと教えてくれる。
確定申告の医療費の控除の書き方が、ネットの説明を読んで、わかるようなら、そのまま、確定申告の医療費の控除は、e-taxで行うこともできる。

確定申告の医療費の控除 俺の場合

確定申告の医療費の控除だが、俺の場合は、ずっと税理士さんにお願いしているw

いや、別に、確定申告の医療費の控除のためだけに、税理士さんをお願いしているわけじゃなくて、他のもろもろもあって、税務署への申告関連は、全部やってもらっているのだ。

控除について、いろいろ聞きつけてきて、「これ、使えませんか」とか質問すると、適用条件とかを税理士さんが調べてくれ、また申告もやってくれる。

今回、確定申告の医療費の控除などは、まあよくある話なので、税理士さんも悩む余地はないのだが、勤労学生の控除があるようようだwいや、大学に行こうと思ってねw勤労学生になるのかしらんwとw

まあた、面倒な話を・・と、税理士さんに、嫌がられるかもしれないけどなw

Comments of NaniwoMatsuno 確定申告の医療費の控除の書き方と注意点

NaniwoMatsunoさんから、「確定申告の医療費の控除の書き方と注意点」についての、意見、感想、体験談をいただきましたので掲載します。(2014/5/4)

確定申告の医療費控除は、よく調べないと、厄介だ。医療費の控除を確定申告しようとした際、健保組合からの医療費のお知らせを保管しておいて、領収書は廃棄して、申請できなかった、コツコツと領収書を一年間ため込んでおいたのに、いざ計算すると10万円に届かなかった、歯科矯正は、対象ではないと聞いたので、子供の歯科矯正の領収書を捨ててしまったら、対象外は美容目的の時だけだった等等、失敗談は尽きない。きちんと調べて申請しよう。と思っていたら、3月15日を過ぎてしまった。来年がんばろう。


確定申告の医療費の控除の書き方と注意点に +1